土つめ作業

4月6日、7日と強い風が吹いた山形県でしたが
山形盆地の中心よりちょっと北にある東根市は
ほとんど被害もなく、雨もほどほどでした。

被害に遭われた地方の皆さまにお見舞いを申し上げます。

稲の種まき作業を20日頃に予定しているので
それまでに苗箱に土を詰めなければなりません。


7日の風の吹く中でしたが、農機具小屋ならば雨でもダイジョウブ。
はじめちゃん、きよのちゃんと3人で土を詰めました。

苗箱260枚に詰めるので、午前中だけで終わりました。
冬の間は重いものをあまり持たなかったので
20キロの土は重く感じました。

苗用の土を買うのは、苗は美味しいお米作りの基本です。
丈夫で健康な苗を作ってこそ、美味しいお米が収穫できます。

私がお嫁に来た頃には畑の土をたくさん家に持ってきて
ふるいでふるって肥料などと混ぜ合わせて使っていました。
畑の土では病原菌が入っていたりと苗枯れの危険があるそうです。

時代とともに農作業の方法も日々変わっています。
もちろんお金もかかりますが、
よりよいお米を作るために今年もがんばっていきます。

土つめ作業」への2件のフィードバック

  1. しらほ

    美味しいご飯,甘くてジューシーな果物,新鮮な野菜などなど,私たち日本人が食に困らない生活をおくることが出来るのは,農業を営む皆々様の努力があってこそ。
    伝統を受け継ぎながら,日々新しい工法や品種改良に果敢に挑む職業に尊敬の念を抱きます。
    これからも美味しい食物を提供して下さい^^

    山形中央シニア(野球)に在籍する選手のご両親で,中山町で農業を営まれている方がおり,るみさんと同じようにブログを運営されています。

    もしよろしければ,ブログを覗いてみてください。
    「山形の秋葉農園だより」です。
    http://akibade.exblog.jp/

    返信
  2. rumi 投稿作成者

    しらほさん こんにちは

    さっそく秋葉農園のブログを拝見させていただきました。
    この時期同じ土つめ作業をしているなんて、感動してしまいました。
    ぜひ参考にさせていただきます。

    すてきなhpをご紹介頂きましてありがとうございます。
    まだどうぞよろしくお願い致します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です