るみの日記」カテゴリーアーカイブ

大雪の被害状況~4

3月21日の15時でようやくサーバーのメンテナンスが終了しました。
今後ホームページのアドレスが変わります。
どうぞよろしくお願いいたします。

雪がかなり融けたサクランボ畑です。
雪がないとサクランボハウスの無残な姿が痛々しく映ります。

今は折れた枝の整理
サクランボの木、ラフランスの木の剪定を行っています。
22日月曜日からまた山形で農作業が始まります。
応援よろしくお願い致します。

大雪の被害状況~3

りんご畑の被害状況です。
リンゴ畑はとても日当たりがいいので雪が解けるのが一番早いです。
とくに木の根元は雪が解けるのが早いです。
木が活発に活動をしているからなのですね。

大雪で裂けてしまったリンゴの木です。

折れていなくても横倒しになっている木もあります。

リンゴ畑全体の様子です。

たとえ木が折れていても
根から水分や養分を吸って活動しています。
何とか少しでも、枝一枝でも、復活を遂げてほしいです。

——————————–
お知らせ
3月15日から1週間くらいサーバーのメンテナンスのために
ブログの更新などができなくなります。
更新以後ホームページのアドレスが変わります。
https://kajuen-umetsu.jp/
変わります。当分の間は
oide.panda.gr.jp/umetsuも並行して見られますが
新しいホームページのアドレスの登録を
お手数ですがどうぞよろしくお願いいたします。

大雪の被害状況~2

こちらはラフランス畑の様子です。
ラフランスが枝が重さに弱いのか
半分くらい折れたり横倒しになっています。
サクランボの木よりも折れている木が多いのです。
昨年もとても収穫量が少なかったのに
また今年も~~~~ととても残念ですが
何とか復活をとげてくれるように祈るばかりです。

折れているというよりも
雪の重さで裂けてしまったという感じです。

まずは雪がもう少し少なくなったら
枝を整理しながら剪定をしていく予定です。

——————————–
お知らせ
3月15日から1週間くらいサーバーのメンテナンスのために
ブログの更新などができなくなります。
更新以後ホームページのアドレスが変わります。
https://kajuen-umetsu.jp/
変わります。当分の間は
oide.panda.gr.jp/umetsuも並行して見られますが
新しいホームページのアドレスの登録を
お手数ですがどうぞよろしくお願いいたします。

大雪の被害状況

3月10日、畑の雪もかなり少なくなったので
まだ雪が固くしまっている朝6時から
元さんと一緒に被害にあったハウスや木々の写真を撮りに行ってきました。
この写真は補助金が出る時のために
証拠として撮影するように農協から言われています。
まだ保証金などは決まっていませんが
まずは一歩を進めなくてはいけません。


真ん中が落ちてしまったサクランボハウス


裂けてしまったサクランボの木

まだ雪が1mほど積もっています。
炭の粉を降った所はかなり少なくなっており
木の根元は土がでています。
まもなく枝の片付けを始めます。
がんばります。
——————————–

今日は3月11日、東日本大震災から10年目の日です。
10年前は主人、息子、私も仙台市泉区にいました。
息子の引っ越しで東京へまもなく向かう所で
主人を待っていた所でした。

今までにない揺れに食器棚や押し入れの中のものは落ち
冷蔵庫の扉は開いて、中からヨーグルトやいろいろな物が飛びだしてきました。
足の踏み場がないほど部屋の中は食器などが散乱していました。
息子はすぐに小銭を持って泉中央駅に行き
公衆電話で東京などに無事であることを電話をし、
コンビニで買える物を買ってきました。
停電、断水、この日は雪が舞う寒い日でした。
ラジオだけ聞くことができました。
現地ではテレビで状況を確認することもできず
どうなっているのかが全く分からない状況でとても不安でした。

今のようにスマホはほとんどなく
ガラケーだったなあと思い出しています。

——————————–
お知らせ
3月15日から1週間くらいサーバーのメンテナンスのために
ブログの更新などができなくなります。
更新以後ホームページのアドレスが変わります。
https://kajuen-umetsu.jp/
変わります。当分の間は
oide.panda.gr.jp/umetsuも並行して見られますが
新しいホームページのアドレスの登録を
お手数ですがどうぞよろしくお願いいたします。

弥生三月

本日から3月が始まります。
土曜日、日曜日にサクランボ畑、ラフランス畑に炭の粉をまきました。
朝早く雪が凍っている時間にまいていきます。

炭の袋をそりに積んでいきます。


このそりは昔々子供たちが遊んでいたものです。
ゴミ袋をのせたり
大根をのせたり 結構活躍しています。
少しでも早く雪が解けて、まずはサクランボハウスの撤去
そしてサクランボの木やラフランスの木の修復ができますように。