月別アーカイブ: 2018年10月

りんごの玉まわし

10月29日月曜日、朝からいいお天気だと峠を越えて
朝早く山形県にやってきました。
県境の気温は7℃、峠付近もかなり紅葉してきました。

りんごは真っ赤になっています。
しかしこれは半面です。

裏側にそっと回してあげると
まだまだ黄色いのです。
なかなか回らないりんごや落ちてしまうりんごもあります。
りんごの収穫は11月18日を予定しています。
それまで半面を真っ赤にして、全体が赤くなるようにします。

しかし今回とっても悔しいのは
てっぺん付近の真っ赤なりんごが鳥に食べられています。


ただでさえ少ないりんごなのに、悔しい!
いい子ちゃんのりんごばかりが狙われています。

集めてみると1本の木でこれくらいです。


コンテナ1箱くらいは食べられています。1箱は焼く20キロです。
今年は早くから、キラキラの細いひもをはっています。
このひもが鳥の羽に引っかかるのを嫌うそうです。

しかし今年は効果はあまりなく、真っ赤なりんごが狙われています。
鳥たちはグルメです。美味しいものしか食べません。
安全なものをよく知っています。
これでうちのりんごは安心、安全が実証されたわけですが
それにしても悔しいです。
今年はりんごがとっても少ないのに・・・
ますます減ってしまいます。どうしよう!

大わらじの奉納

東京の朝草寺の宝蔵門に10年に一度奉納される大わらじが
10月20日山形県村山市をトラックで出発しました
21日午後から浅草寺で奉納式が行われました。

山形県村山市は私たちの住む東根市から車で5分ほど
東根市は村山市と隣どうしで、新幹線の村山駅も家からは5分ほどです。
さくらんぼ東根駅は15分もかかってしまうので
新幹線に乗るときには村山駅の方が便利です。
 
その村山市で10年に一度浅草寺に大わらじを奉納しています。
奉納の様子です(村山市のホームページよりお借りしました)

山形のテレビでは出発式の様子を流していました。
わらじを運ぶ請け負ったトラック会社はご縁があるようにと
5円で浅草までの運賃を請け負っているそうです。

村山市役所では大わらじを展示していました。

私は東京渋谷区の生まれなので、浅草寺に小さい頃からよく行っていました。
父が駒形のどぜう(どじょう)が大好きで、よく連れていかれましたが
私はどうしてもどじょうが好きにはなれず
柳川(開いたどじょうを卵でとじたもの)の卵の部分を食べていました。
むぎとろにもよく行きましたが、
小さい頃はどうしてとろろが美味しいのかよくわからず、

その時にこの大わらじの話を父がしてくれて、山形で作っていると教えてくれました。
まさかその時にはこの村山市の隣の東根市に嫁ぐとは・・・・

りんご(ふじ)の葉っぱ取り

今日はリンゴの葉っぱ取りの作業をしました。
りんごのふじは6月に黒星病にかかり、90%を落果して廃棄しましたが
まだ少し木になっているので、何とかお嫁に行かせようとお世話をしています。

りんごスターズ 和たちを含めて4人の女性がりんごのお世話をしています。
りんごガールズと私たちは言っているのですが、60代が1人、50代3人です。

葉っぱをとると太陽の光がまんべんなく当たりりんごが赤くなります。

でも今年はこんな良いりんごがあまりありません。
残念ですが、現状を見てりんごふじのご注文も締め切ることにしました。

黒星病にかかり、今回も廃棄したりんご
袋に5個もありました。残念です。

黒星病にかかると、ほとんど成長していないことがわかりました。
これから、2週間後に玉まわしをして裏側になっている面を太陽が当たる側に向けます。

ラフランスの選別後

ラフランスの選別をしたら
かなりの量の虫が穴をあけたラフランスがありました。
なんと、コンテナに10箱!
それでなくても足りないラフランスが・・・
全く足りなくなってしまいました。

右の軸の所に2カ所穴があいています。

切ってみるとこんな感じです。
下の方も虫にやられていました。

今は1~3℃の冷蔵庫の中でラフランスは眠っているので
ラフランスを切っても中に虫はいませんよ~

虫たちは美味しそうなラフランスが大好き。
グルメなんです。
それに安全なものしか食べないナチュラリストなんです。

これで果樹園うめつのラフランスが安心、安全、おいしいことが証明されました。
しかし
代価が大きすぎる・・・

今年はご贈答用はまったく足りません。
本当に申し訳ございません。
ご注文は中止のままです。ごめんなさい。

現在、10月6日までにご注文頂きましたお客様に
注文数の減数をお願いしています。
毎日胃の痛い日々です。
ご協力頂き本当にありがとうございます。

ラフランスの選別作業

10月10日、何年か前は体育の日でしたね。
東京オリンピックの開会式の日でした。あの頃は幼稚園生でした。

今は農家のお嫁さんになって数十年、毎年10月は忙しい月になりました。
でも今日はとっても悲しい日になりました。
ラフランスの選別作業です。
状況はますます悪化、ご贈答用のラフランスは減るばかりです。

選別作業は
1、1個1個秤にかけてラフランスをL、M、Sに分ける
2、分ける時に、よく見て腐れや傷、虫に食われていないか、よくよく見る。
3、コンテナに入れて冷蔵庫に入れて予冷する。

今年は夏が暑かったせいで、虫の穴が開いたラフランスを多数発見。
これがまた本当に多い!
10コンテナもありました。1コンテナは21キロ(コンテナは2kg)
これがご贈答用になったらどんなによかったか・・・
かなり前途多難です。
注文の再開は難しいようです。本当に申し訳ございません。