連休の渋滞回避~鍋越峠

山形県と宮城県を結ぶ峠は下記の通り7つあります。 

 ○ 関山峠(現トンネル) 511m
 ○ 二口峠 1,010m
 ○ 笹谷峠(旧道) 976m
 ○ 金山峠(七ヶ宿-上山楢下) 580m
 ○ 二井宿峠(七ヶ宿-高畠) 550m
 ○ 鍋越峠(加美小野田-尾花沢) 520m
 (※鍋越道(国道347号)の開通前は、軽井沢、寒風沢、田代などの峠越えルート。)
 ○ 中山峠(鳴子-向田(最上町))350m

いつも通のは関山峠ですが
連休最終日ということで渋滞が発生しているので
ちょっと遠回りですが、鍋越峠(なべこしとうげ)を通って宮城に帰ってきました。

まだ雪が残るところがあって、ちょうど駐車スペースがあったので思わず車を停めました。

雪解け水は勢いよく流れています。
山形ではこの雪解け水をゆきしろといいます。

峠道は渋滞もなくすいすいと行けましたが
加美町から富谷町~泉へと裏道を行きましたが
渋滞しているところもあり、やはり2時間かかってしまいました。

私が運転していたわけではないのですが
仙台市に着いたらかなり疲れてしまいました。
来週は田植え準備でまた山形に行きますが
ちょっとだけお休みします。

連休の渋滞回避~鍋越峠」への2件のフィードバック

  1. yuko

    初めて知りました!!
    いろんな行き方があるんですね。
    しかも、写真を見ると、かなり田舎道?
    お疲れさまでした!
    写真アップもありがとうございます。
    次通るときは、もう雪はないのでしょうね・・・

    返信
    1. rumi 投稿作成者

      ゆうこ先生、おはようございます。
      写真は田舎道ですが、片道1車線ずつでちゃんとすれ違いもできます。
      雪も峠の一番高いところだけでした。
      違う道を走るのも連休気分でいいものでした。
      連休明けの月曜日、お互い体に気を付けてがんばりましょうね!
      いつもお励ましありがとうございます。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です